Ktouth Brand. on Web

け〜くんこと K.Ktouth のだらだらした日常と突発的に作るプログラムや読み物とかの雑多サイト



[2005年09月05日]

トラブルは伝染する。きっと君も……

2005年09月05日 21:04更新 筆者:K.Ktouth
昨晩のこと。 母親のPCのトラブルにお手上げ状態になり、半ばやけになってパンヤに移ろうとしたとき、それは起こった……

突然のキーボード不調

突然、なぜかいくつかの文字が文字化けするようになり、漢字の変換、つまりスペースバーも受け付けなくなったのだ!!!
キーボードはMS製の電波・電池式のワイヤレスキーボード。なので電池切れやケーブル・コード類が電波障害になっている可能性に気づき、対処してみるものの効果なし。
次に再起動したりキーボードのドライバの入れ替えをしてみるものの効果なし。

よくよく調べてみるとIME(ATOKを使用している)をオフにしているときは異常なく動作しているではないか!
と、ATOKの設定を開き、ローマ字入力部分やキー割り当てを別のものに変えてみたりするものの、やはり効果なし。
ここまできたらATOK再インストールか?とも思ったが、どうにか入力できる文字を標準以外の辞書での変換(F4キーなど)をしてみると、これはきちんと動作する。
……????……!!

これもまた、ある意味致命的なトラブル

ここでようやく原因が思いついた。
おそるおそる辞書メンテナンスツールを起動すると……案の定、ユーザー辞書を読み込もうとして即時異常終了を起こす有様。

そう。ユーザー辞書が何らかの異常で破損、使用不能になっていたんだよ!!!

な、なんだってーっ!?(AA略

こうなるともうお手上げ。メンテツールすら起動できない状況じゃどうしようもない。
結局、管理者権限でPCを起動し直してユーザー辞書を削除、初期状態のものに差し替える羽目に。

これは実に痛い。

何せ、長年培った辞書学習効果が、真っ新になってしまったわけだから。
なくてもどうにでもなる、といったらそうなんだが、入力効率が激しく落ちてしまったのもまた事実。

Windowsのユーザーディレクトリ(Document and Settings)以下は個別に別ドライブに割り当てているので、仮にシステムドライブをフォーマット・クリーンインストールしても消えることはない。
が、ファイル単体が壊れることは想定していなかった…….orz

次からは、重要ファイルの定期バックアップに辞書も入れよう……(/_;)

本日のリンク元
その他のリンク元
検索