Ktouth Brand. on Web

け〜くんこと K.Ktouth のだらだらした日常と突発的に作るプログラムや読み物とかの雑多サイト



[2006年08月10日]

オープンβ終了、そして正式版開始

2006年08月10日 11:08更新 筆者:K.Ktouth

「D&Dオンライン(以下DDO)」も昨日をもってオープンβが終了し、今日から待望の正式サービスが開始されます。
本当は日記を書く予定でしたが、オープン開始直後のトラブルでワイプがかかり、くわえて正式サービスで再度ワイプがかかると言うことを知って、書く気力が失せました(ぉかなし
# もちろん正式サービス開始後では書くんですよ?

とはいえ、オープンβ運営中にせっかくイベントが行われたので、それのレポートくらいはあげておきますねにこ

負荷テストイベント「社長を捜せ」

さる四日(金曜)に、タイトルからわかるようにちょっとしたテストを兼ねたイベントが催されました。
この手のイベントをMMORPGでやったことがある人は推察できるでしょうが、いわゆる「変則かくれんぼ」です。自分が普段利用しているAmethystサーバー(通称A鯖)にプレイヤーを集め、イベントがてら、サーバーの負荷テストを行われたのです。詳細はこちら

開始直後、一人で回っていたが見つかるわけもなく……で、商品も出ると言うことで張り切って参加したのですが……よくよく考えると、かなり困難な条件だったのです。
指定されているエリアに隠れているさくらインターネット社長を捜すわけですが、そもそもそのエリア自体がかなり広いんです。しかも、3Dグラフィックで表現されたマップのどこかに隠れてるわけで……いくらマップを隅々まで把握している人でも普通「人目につかない微妙な場所」まで知ってる人はそう多くなかったと思います。
しかもこのゲーム、人が一つのエリアに集中すると、サーバーをチャンネルという単位に分割して、混雑しないように人を振り分けるという仕様になっていて。イベントが行われている間、このエリアはなんと12チャンネルにまで分割されていました。(普段は混雑する時間でも3〜4チャンネル)
社長が他のチャンネルにいる場合は、街を隅々まで巡回しても見つからず、どうしてもチャンネルをまたいだ探索を余儀なくされるわけです。

社長から特典アイテムをもらえる"勝者"は(1回につき)最初の一人だけ。
ほとんど運だけの勝負だったんです。

集まる猛者たち

となれば、やることは一つ。
……そう、パーティを組むことです。

まぁ、組んだところで報酬を山分けにできる訳じゃないんですが、こういうときは一人で当てもなく探すより、複数人数でわいわい騒ぎながら探す方が楽しいもんです。イベントですし。
で、募集告知をチェックすると案の定社長イベント用パーティの募集があったので参加しました。

参加してみるとびっくり。なんと2パーティを束ねたレイドでの捜索隊でした。
なにげにレイド初参加だったのでどきどき(笑)
早速チャットで会話しながら町中をうろつくのですが……移動も会話もキーボードでは非常にやりづらく、すぐにこのゲームの特徴であるボイスチャットに切り替え。するとすぐさまメンバーの半分ほどがボイスチャットで会話を始めました(残りはマイク不所持の模様)。

ちょうど12人なのでチャンネル別に捜索するという手もありましたが、結局各人自由に探す形に。……ってレイド組んだ意味ないじゃん!はず
# まぁ、実際にはだいたい各人探す場所がかぶらないように適度にばらけてましたし、各ポイントを全チャンネル回る方が時間効率が良かったのですが。

とまぁ、少々不安があったのですが、捜索中に思いついた推理(ここはみんな来る場所だから、捜索対象から外せるだろう etc.)や雑談(社長の知る人ぞ知る裏話 etc.)などの話に花を咲かせ、かなり楽しいひとときでした。


アナウンスと同時に、至る所から海に飛び込む者たち。あっという間に海は人だらけwで、肝心のかくれんぼですが、非常に難しい。
社長が隠れてから見つかるまでにだいたい5分程度かかってるんです。長いときは10分程度。どこに隠れているかは発表されなかったのですが、さっきの推理も合わせるとよほど予想できないところにいるようでした。
……ってか、あまり見つからないと社長、飽きて海で泳ぎ始めるから始末に負えない(笑)←そう言うアナウンスが流れた。それも数回。

……いた!!

とはいえ、それなりに大人数で探しているわけで。
運も良かったのか、なんと2回も我らの中から社長を見つけ、勝者となった人達が出ました!
社長が隠れたのは10数回ほどですから、確率から言えばかなりの戦果といえるでしょう。
……まぁ、自分じゃないわけですがわーん

1回目のときは自分のいた場所が遠く、社長がその場所を去るまでにそこに向かうことはできなかったのですが、2回目、「とっぱー ど」さんが見つけたときはそう離れていないところにいたため、現場に急行できました。

あまりもな場所にいる「+ささだ りょう」社長それがこの写真なのですが……場所、わかるでしょうか?

なんと、普通なら行く事すら考えないような「吊り橋の下、外壁の縁、巨大な水門のすぐ上」に居たんです!!
ここを視界に収めるためには吊り橋の上に立ち、なおかつ意図的に視点を上空から下を見下ろすようにしないとわからないんですね。しかも、ここに来るためには墜落死の危険をはらむ特殊な移動経路を見つけなければならないという(笑)

正直このときには、良く見つけたな、という感心と、もう見つけられねぇ、というある種の諦めがありましたあせ
その思いを裏付けるかのように、残りの数回、誰もがかすりもすることなくイベントは終了となりました……


イベント記念写真。左から3番目が自分。余談。

イベント終了予定時間を過ぎた後、「たぶんこの回で最後だから、終わったらみんなで集まって記念写真とろーぜ」という提案をしたんです。
みんな快く承諾してくれて、せっかくなら、さっき社長を見つけた場所に集まろうとなり、みんなで思い思いのポーズを取って記念写真を撮りました。

……次の瞬間、「最後の回を開始します」というアナウンス。
みんな慌てて散開したのは言うまでもありません(笑)

そして思わぬ展開

思わぬ展開。とっぱー どさんの善意最後、笑いあいながら「縁があったら正式版で逢おう」と解散したのですが。
ふと街を歩いていると、さきほどの「とっぱー ど」さんがそばに立っていたんです。
で、突然のトレード申請。不思議に思いながら受けると……なんと。手に入れたイベントアイテムを譲ってくれたのです!!!

たしかに、非常に欲しいアイテムだったのですが、無条件でもらえるほど神経が図太いわけでなく。恐縮しながら断ろうとしました。
ところが聞くと、とっぱー どさんは「普段別サーバで活動していてこのサーバにはイベントのためだけにやってきていた」こと、「どうせβ終了と同時に消える」ことの二点をあげて、どうせなら誰か欲しい人にあげようと考えたそうです。で、ちょうど目の前に自分が通りかかった。

ちょっと躊躇しましたが、それならということで受け取りました。
ではまた縁があったらと、あっさりと去っていくとっぱー どさん。

とっぱー どさん、本当にありがとうございましたにこ

最後に

振り返ってみると今までこういったわかりやすいイベントってあまり参加したことがなかったこともあり、今回のイベントは非常に楽しかったです。
本来なら手に入れることができなかったはずのアイテムも手に入っちゃいましたし!(笑)

正式版でも、またこういったイベントがある事を期待します。

外観は髑髏ヘルメット(笑) 道具屋では安すぎて売れなかった(ぉこのヘルムをかぶっていると、このような、本来なら行けないような場所にも行ける。戻るのに苦労したけど(ぇ追伸。
アイテムは強力でしたが、実際に使うにはちょっと微妙なネタアイテムでした(笑)
「水中呼吸」「跳躍+15」はともかく、「移動速度+30%」が戦闘時、細かい位置調整を難しくしてくれて……(^^ゞ

本日のリンク元
アンテナ
その他のリンク元
検索