Ktouth Brand. on Web

け〜くんこと K.Ktouth のだらだらした日常と突発的に作るプログラムや読み物とかの雑多サイト



[2008年08月16日]

Visual Studio 2008 SP1 / .net 3.5 SP1リリース

2008年08月16日 19:50更新 筆者:K.Ktouth

Visual Studio 2008 Professional Edition アップグレード(AA)

先日、追加機能やパフォーマンスアップを果たしたSP1が開発環境・実行環境共に提供されたので早速インストールしていろいろ触っています。
まだ正式な追加機能の紹介の日本語記事は見つけられないのですが、β時代の英語記事・その翻訳記事は見つけたので興味のある方はそちらをチェックしてくださいな。

で、WPFデザイナのプロパティエディタ部分にイベントタブが付いたのが非常に大きいですが、今回一番気になったのが「ADO.net Entity Framework」です。端的に言えばより高度なO/Rマッピングライブラリのようです。
正直、以前からあった「Linq to SQL クラス」機能とどう違うのかなーと言う気もするんですが、多分これをさらに汎用・高度抽象化したもの……と考えればいいのかな? 対応データベースにSQLiteが普通に入ってるのもポイント高いです。試してないけど多分ネイティブっぽい?

なにより、このフレームワークだと「SQL Server 3.5CE(SP1)」のデザイナレベルでのサポートに対応しているのが嬉しい。以前の「Linq to SQL クラス」機能だとライブラリ(実装)としては対応しているものの、IDEのデザイナでデータベースをインポートしようとしても「インポート非対応のデータベースです」というエラーが出てしまい、クラス設計はスキーマを見ながら自分で書いていく必要があったんですよねぇ。めんどくさかった。
しばらくはこれで遊んでみます♪

というか。
「CEだと CREATE VIEW すら非対応」という事に今更ながら気づいて、自分はどんだけプログラムをイジってないのか丸わかりという(笑)
とあるテーブルとテーブルの間接的な関連が、間に4つくらいのテーブルを挟んでるのでVIEWを使って簡単にアクセスできるようにしたかったんだけど……これならどっかに外部キーだけコピーする方が早いか?

本日のリンク元
アンテナ
その他のリンク元
検索